FC2ブログ

幸せのカタチ

家族、仲間、そして嵐 松本潤君の笑顔・・・・・ それが私の「幸せのカタチ」

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

号泣

2009.01.15 (Thu)

あいしてくれてありがとう (絵本の時間)あいしてくれてありがとう (絵本の時間)
(2008/12)
宮西 達也

商品詳細を見る


号泣とは少々おおげさではあるが、読み聞かせをしている私が泣いては
いけないと必死で堪えたが駄目だった。

義母のお友達に、ボランティアで子ども達を図書館などに集めて、絵本や
紙芝居を読み聞かせている方がいる。
有難い事にその方が、定期的に最近評判の絵本をプレゼントしてくれる。

この絵本はシリーズになっていて、これまでにも何冊か読んだ事があったが
こんなに泣かされるとは・・・。
「柴田理恵か!」っつう位、涙腺の緩い女なので、私の涙は参考にはならないけど
絵本もバカにできないなぁ。

more »

スポンサーサイト

読書感想文

2008.08.06 (Wed)

めずらし~く読書なぞもボチボチしております。


先月「ハリーポッターと死の秘宝」を購入しました!全7巻の最終巻。
当初1年に1巻の発売予定だったのが、少しずつ遅れハリーとのお付き合いも
かれこれ10年位になるのかな?
私が唯一「愛読書」と言える作品です。
映画も全部観ていて、よく再現されていると思いますが、原作本の面白さには
敵わない!と思っています。
えーしかしながら・・・原作本も面白さや感動が、巻を追うごとに間延びしてきた・・・
と言うのは否めませんが、それでもこの最終巻をとても楽しみにしていました。

なのにいざ手に取ると・・・勿体無くて読めない。
そして何を思ったか、今1巻から読み返しておりま~す。
散りばめられた謎を両手いっぱいに抱えてから、じっくりこの最終巻を
読もうと思っています。


そして、もう1回読み返してみようと思っているのが「赤毛のアン」シリーズ。
子どもの頃アニメも見ていたし、本も読んで面白かった!という印象は残っているのに
あまり内容が思い出せない。
自分の中でアンテナが立っていたからなのか、それとも実はブームが再来しているのか
最近はアニメの再放送を見かけたり、母が「赤毛のアン展」に行ってきたと言って本を買って
きてくれたり、アメリカに住んでいる友達がプリンス・エドワード島へ遊びに行ってきたと言って
写真付きでメールをくれたりと、何だか縁がある。
『赤毛のアンは女の子のバイブル』と言う響きもいい。


そして図書館の予約で100人待ちして、ようやく読む事の出来た本。
ー夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦ー

more »

 | HOME | 

プロフィール

ルビィ

Author:ルビィ
神奈川県在住
旦那、息子2人(H12生、
H16生)私の4人暮らし
あらしごと大好き!
バスケを少々!

FC2カウンター

ブログ内検索