FC2ブログ

幸せのカタチ

家族、仲間、そして嵐 松本潤君の笑顔・・・・・ それが私の「幸せのカタチ」

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の選択

2010.01.26 (Tue)

TVにラジオに雑誌に・・・etc、大大大活躍の嵐さん!
ここのところは『あれ?私、翔担?』と思う程、翔君ゴト満載
あっ翔君、お誕生日おめでとう


今日は、バスケの話
「人生の選択」とは大袈裟だけどね(笑)
聞いてもちっとも面白くない話なので、スルーして下さいな

バスケを始めて、何だかんだで四半世紀(笑)
まぁ、25年と言っても本格的にハードな練習をしたのは中学・高校の6年間。
受験勉強をしていた期間を省いたら、正味5年間かな。
後は細く長く趣味の域を超えない程度に続けてきた。

考えてみたら、そもそもバスケをするには背もないしセンスがあった訳でもない。
上には上がいるもんで、そんな名の残るようなプレイヤーでもないし、人に自慢
できるような勲章がある訳でもない。

ただただ「バスケが好き」ってだけで、ここまできた。
人より凄いところがあるとするなら、本当に体が丈夫で大きな怪我もせずに
続けてきたって事位かな。


小学校6年生の時に、友達に誘われて始めたバスケット。
「堕ちた」という感覚を味わったのは、今までの人生で2回。
1回目はバスケ。2回目は松本潤(笑)
バスケが大好きで、楽しくて、少しでも上手くなりたくて・・・まんま
スポコンな青春だったよ。
1番の財産は、厳しかったけどいい顧問に指導され、かけがいのない仲間達と
出会えた事。
これが今でも、私の人生を支えてくれていたりする。
生涯の伴侶も得た訳だしね(笑)
狭い範囲の事なのでショボイ話なんだけど、ついでに書いてしまうなら
チームも県大会の常連校だったし、私自身一番体の動いた時には
市の選抜に選ばれて関東大会なぞに出場した事もあったりする。
まぁ・・・でもそれももう20年も前の話。
今はとうとう「昔取った杵柄」も通用しなくなって、今の自分に出来るベストを
尽くしてバスケをしている状態なんだけどね(苦笑)

人生の選択。バスケをやって本当に良かったって思ってる。

バスケに対するご恩返しは、やはり未来のある子ども達に私の知っている
バスケの全てを伝えていく事なんだろうと思う。
いつかいつかのまたいつか・・・と、まだまだ自分が現役でやる事にこだわって
見過ごしてきた。

息子の入ったミニバスケのコーチの補佐のような事を始めて約半年。
子ども達にすっかり愛着も持ってしまった。
あまり具体的に書くのはいけないと思うが、ヘボな我がチーム。
驚いたのは子ども達を偉そうに指導している大人って、実は自分は
未経験者だったりする事。
我がチームも例外なく・・・。監督及びコーチは、申し訳ないがド素人・・・。
で浮上したこんな話。

「4月から正式な指導者になってもらえないでしょうか?」と。
人生の選択。
了解すれば、生活が一変する事は間違いない。


自分で言うのもなんだが、バスケの事に関してだけはそんじょそこらの人に
負けない自信はある。
もう1つ言うなら、大人相手だとすぐにシドロモドロになる私なのだが
子どもの前だとじょう舌に。
実はそもそも学校の先生になりたかった私。
まぁ、脳みそが足りなくて曲がり曲がって幼稚園の先生になったんだけど。
ここへきて夢が叶うのか。
はっきり言って、向いている!・・・と思う、図々しいが自分でも。

でも今、背負っているモノを犠牲にも出来ない。
引き受ければかなりの時間をそこに割く事になる。
私は妻であり、母でもある。
将来の事を思えばパートと言えど、仕事も簡単には辞められない。
これ以上、アラシゴトだって浦島太郎さん状態になるのは寂しい。
思う程、簡単ではないだろう。
思い通りにいかない事も次々と出てくるだろう。
「たかがバスケ、されどバスケ」で、やるとなればまだまだ研究も
しなければならない。

ベストなチョイスは何か?
4月までに答えは出るだろうか?


うん。うん。でも書いたら、頭の整理にはなった。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

ひとつ夢が叶うのですね.輝いて見えますよ!指導者としてのバスケの話楽しみにしています.

ご無沙汰していますe-466

輝いて~と言われると、恥ずかしいですe-330
本当に狭い範囲の話なので・・・。
個人差はあっても、日々成長する子ども達。
キラキラお目目の子ども達に、とっても弱い私ですe-307

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ルビィ

Author:ルビィ
神奈川県在住
旦那、息子2人(H12生、
H16生)私の4人暮らし
あらしごと大好き!
バスケを少々!

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。